mn-tenbou
  • ミッドナイト競輪 オッズパーク杯10/10〜10/12

チャレンジ(7R)ミッドナイト

朝倉智仁が再スタート

朝倉智仁

朝倉智仁

 9月平塚で特別昇班に失敗した朝倉智仁がここから仕切り直す。平塚決勝では後藤悠のスピードに屈したが、21戦17勝、2着3回、3着1回の実力は抜けていて、V争いをリードする存在。積極策で予選から3連勝を決めるか。

野上竜太

野上竜太

横内裕人

横内裕人

 朝倉にとって脅威なのは野上竜太、横内裕人と自力タイプがそろった中四国勢だ。野上は優勝こそ1回だが、素質は115期勢の中でもトップクラス。レース内容にも大物の片鱗が表れており、デビューしてから一貫して積極策を貫いている。横内も降格後は自力自在に安定しているだけに、野上の番手回りなら優勝のチャンスだ。

鈴木涼介

鈴木涼介

 鈴木涼介もV争いに加わる。持ち前のキレを生かしたカマシ、まくりは威力十分。小原佑マークでモノにしたデビュー戦の7月伊東以降は優勝していないが、朝倉、野上は“展開によっては勝てない相手ではない”。朝倉と野上で先行争いも予想されるだけに、流れを見ての一撃が決まる可能性も。

 一方、朝倉らにも負けないスピードを誇る阪本和也だが、8月玉野決勝の落車から2場所連続で欠場している。ここから復帰しても、どこまで状態を戻せているか見極めが必要だ。

下岡将也

下岡将也

 永田秀佑、布居翼に下岡将也も先輩機動型としての意地を見せたい。中ではダッシュ鋭い仕掛けが身に付いて、7月函館で初優勝するなど安定感がグッと増した下岡が最も怖い。

  • 指数

    55
  • パワー
    ランク

    2
  • アサクラトモヒト 朝倉 智仁

  • 調子

    登録地 茨城

    卒期 115期

  • 年齢 20

    戦法 逃捲

    BS数 19

  • 直近4カ月得点 79.38

    1着数 17

  • 逃げ 16

    捲り 4

    追込 0

    マーク 0

  • 勝率 80.9%

    連率 95.2%

    三連率 100%

能力値チャートチャレンジ

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル ポテ86実績0デン0差し28ダッ96機動108

 9月平塚は後藤悠と特班を懸けて激突。準Vで自身は特班を逃がし、後藤の特班を許す悔しい結果に終わったが、デビュー7戦で17勝、2着3回、3着1回で3Vの戦績は文句なし。平塚の前の広島ではやはり特班リーチだった谷和を出させず逃げ切り優勝と競走の中身も濃い。学校時代は先行勝負に徹したため、在校成績は下位に低迷したが、アマチュアの頃には高校総体1㎞TT3位の実績を持ち、スピード地脚は一級品。デビューするや一気に飛び出した。  「学校時代は積極的なレースを心掛けて、(持ち味の)地脚は強化されたと思います。(卒業後は)師匠の横山尚則(100期)さんのグループで練習していて、学校時代よりキツいです。一喜一憂せず持ち味を出して勝つ競走をしていきいたい」  今回対戦する野上竜はアマ時代の実績からしてはるかに格上の存在だが、勢いそのままに下克上を果たすか。

  • 指数

    53
  • パワー
    ランク

    6
  • ノガミリュウタ 野上 竜太

  • 調子

    登録地 岡山

    卒期 115期

  • 年齢 23

    戦法 逃捲

    BS数 16

  • 直近4カ月得点 78.22

    1着数 8

  • 逃げ 10

    捲り 5

    追込 0

    マーク 0

  • 勝率 44.4%

    連率 83.3%

    三連率 88.8%

能力値チャートチャレンジ

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル ポテ106実績0デン0差し25ダッ93機動88

 全日本選手権、全日本大学対抗選手権の1㎞TTで優勝し、鳴り物入りでの競輪学校入校だった。在校順位は26位に止まったが、能力評価で2回Aを獲得し、競走訓練でも先行回数1位、自力での勝ち星も4位タイと積極果敢なレースを展開。そして、卒業記念は3連勝で決勝進出と、ポテンシャルの高さは将来の競輪界を背負って立つ一人になるのではとまでの期待を抱かせるレベルだ。  デビュー6戦で優勝が8月別府ミッドナイトの1回きりなのは物足りないが、ここまで18走中16走で最終バックを取っているように競走は超積極的。上がり11秒2の快速まくりをナショナルチームの橋本英に差された8月玉野ミッドナイト決勝や、単騎で大ガマシを打って3着に沈んだ9月平決勝などツキがない感じで、その実力は随所で覗かせている。ここも主導権獲りに迷いはなく、まともに力を発揮ならあっさりV獲得も。  「ここまでは自分のやりたいレースはできているけど、周りが特班しているのを意識し過ぎているのか、最近は仕掛けが遅いですね。もちろん、勝ちは狙いにいくが、もっと思い切った競走がしたい。平の決勝もタレたし、(直近の9月)防府も車の出が悪かった。修正したい」  デビューから続けていた“最終バックを取る”競走も防府で途切れた。今節は巻き返しの一戦ともなる。

出場予定選手

ページトップへ