mn-tenbou
  • ミッドナイト競輪 オッズパーク杯10/10〜10/12

ガールズケイリン

勢いが戻った高木真備

高木真備

高木真備

 9月和歌山、京王閣を連続完全V。完全復活なった高木真備が中心の一戦だ。今年は5月に体調を崩したり、復帰後も落車が続いたりと苦しいシーズンとなったが、身体の状態が戻ればガールズトップクラスの実力者であることに変わりない。強烈ダッシュで繰り出す自力戦で決着を付ける。

篠崎新純

篠崎新純

 篠崎新純にとっては輝きを取り戻す一年となった。9月武雄で強敵相手に今年3V目を果たすと、続く直近の平も112着。タテ脚にキレを増しているし、レースの中での反応も良い。最終的に好位キープに成功ならV奪取は十分。

比嘉真梨代

比嘉真梨代

 9月和歌山では高木の後位を守り切って準V。色々なものがかみ合って、ガッツマーカーとしての地位を固めてきている比嘉真梨代も連候補から外せない。まだ勝ち切る脚はないが、ツボにハマれば初Vも望める近況だ。

増茂るるこ

増茂るるこ

杉沢毛伊子

杉沢毛伊子

 強靭な地脚を生かした前々戦で成績をまとめる増茂るるこ、数年間の試行錯誤が形になって機動力が大幅アップの杉沢毛伊子の動向も見逃せない。ポテンシャル高い新人の南円佳も徐々に優勝争いに加わるようになってきているので注意したい。

 さらに中野咲、齊藤由紀、豊岡英子も伏兵で警戒。

  • 指数

    86
  • パワー
    ランク

    14
  • シノザキマスミ 篠崎 新純

  • 調子

    登録地 千葉

    卒期 102期

  • 年齢 34

    戦法 自在

    BS数 0

  • 直近4カ月得点 54.57

    1着数 7

  • 逃げ 0

    捲り 1

    追込 8

    マーク 6

  • 勝率 33.3%

    連率 71.4%

    三連率 85.7%

能力値チャートL級

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル ポテ68実績61デン27差し46ダッ56機動40

 前期は怪我で休んだ影響もあって準V3回となかなか優勝に手が届かずにいたが、今期に入ると、いきなり約2年ぶりとなるVを大宮で奪取。続く奈良では高木佑、久米詩の売り出し中の新人に、ガールズ1期生の貫録を示す連続優勝を果たして完全に波に乗った。近況も申し分なく、9月武雄をV、続く同月平を112着。武雄の優勝は児玉碧、山原さのガールズトップを破る特大ヒットだった。初手から前の方の位置を確保し、後方からの仕掛けに合わせて踏み込んで好位を奪うと、最後は鋭く差し迫るのが基本スタイル。自力の決まり手は少ないものの、展開次第ではいつでも自力も出せる脚を磨いている裏付けがなければできない芸当だ。長らく言われてきた“善戦マン”の称号はもう返上。今の勢いならV奪取の可能性はかなり高い。 

  • 指数

    85
  • パワー
    ランク

    11
  • タカギマキビ 高木 真備

  • 調子

    登録地 東京

    卒期 106期

  • 年齢 25

    戦法 逃捲

    BS数 5

  • 直近4カ月得点 56.60

    1着数 8

  • 逃げ 2

    捲り 4

    追込 3

    マーク 0

  • 勝率 66.6%

    連率 75%

    三連率 75%

能力値チャートL級

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル ポテ116実績60デン41差し31ダッ78機動62

 5Vをマークするなど4月までは順調だったが、5月以降は急降下。体調を崩して2カ月あまり欠場し、復帰後は連続落車。しかし、大きな怪我ではなく、復帰2戦目の9月和歌山を完全優勝すると、続く京王閣も地元同士の梅川風を破って嬉しい連続完全V。自転車のセッティングもバッチリ出て好調時のタテ脚が完全に戻っている。以前の徹底先行から、流れを見て、緩んだところを逃がさず一気にダッシュして決めるのが今の競走スタイル。中盤戦苦しんだ分、今回も勝利にこだわっていく。4年連続のガールズグランプリ出場へ勝負のガールズグランプリトライアルまで勢いを加速させていこう。

出場予定選手

ページトップへ