mn-tenbou
  • ミッドナイト競輪 ケイドリームス杯11/5〜11/7

A級1・2班戦7R制7車立

望月一成が先行押し切る

望月一成

望月一成

柴田功一郎

柴田功一郎

 望月一成がシリーズリーダーだ。今年はここまで優勝6回。抜群のスピードを武器にした積極果敢な走りで勝ち星を量産している。来期は初のS級昇格が決まっているし、今期もS級点獲得は確実。高速バンクも得意で、当所でも7月のミッドナイト開催を走って準Vと力を見せていただけに、今シリーズも主役の座は揺るぎはない。同期の森川康輔らが相手だが、今のデキならしっかり期待に応えよう。堅実な柴田功一郎が続いて南関決着だ。

森川康輔

森川康輔

上田裕和

上田裕和

 森川もスピードの切れは見劣りしない。8月名古屋の落車で長期欠場を余儀なくされたが、復帰戦の10月大垣ミッドナイトは決勝進出を果たした。その大垣から地区プロを挟んで10日くらい空く日程で、さらに調整は進みそう。得意のまくり勝負なら期待が持てる。実力者の上田和裕が森川とタッグを組む。

葛西雄太郎

葛西雄太郎

上吹越直樹

上吹越直樹

佐々木翔一

佐々木翔一

 久樹克門に葛西雄太郎の四国勢、連係は流動的ながら上吹越直樹、佐々木翔一、照屋将貴と動ける選手がそろった九州勢も軽視できない。

長井妙樹

長井妙樹

 まくりに威力が戻りつつある森田康嗣、10月弥彦322着の動きが復調を感じさせた長井妙樹も黙っていない。波乱を呼ぶか。

  • 指数

    68
  • パワー
    ランク

    12
  • カッサイユウタロウ 葛西 雄太郎

  • 調子

    登録地 愛媛

    卒期 85期

  • 年齢 40

    戦法 逃捲

    BS数 1

  • 直近4カ月得点 93.33

    1着数 6

  • 逃げ 0

    捲り 2

    追込 5

    マーク 1

  • 勝率 28.5%

    連率 38%

    三連率 61.9%

能力値チャートA級

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル ポテ53実績39デン1差し28ダッ77機動55

 ダイエットして約1年半で10㎏体重を絞った効果か、40歳のベテランながら絶好調。5月頃から続くいい流れは止まらず、直近の10月四日市も準Vとまとめて今期の競走得点は驚きの参加メンバー中トップだ。今後大きく点数を落さない限り、来年後期には09年後期以来、11年ぶりのS級復帰を果たす可能性が高い。今回は四国同士で先行意欲高い久樹克がいるが、久樹はスランプ気味。しかし、元々が自力基本の自在戦が持ち味で、中団以内をキープから自力を出すのが本来の走りだけに、今の状態なら自分でやってもVを狙える。

  • 指数

    68
  • パワー
    ランク

    12
  • ナガイタエキ 長井 妙樹

  • 調子

    登録地 東京

    卒期 96期

  • 年齢 31

    戦法 自在

    BS数 3

  • 直近4カ月得点 89.74

    1着数 3

  • 逃げ 1

    捲り 6

    追込 3

    マーク 0

  • 勝率 11.1%

    連率 37%

    三連率 59.2%

能力値チャートA級

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル ポテ78実績19デン0差し46ダッ75機動52

 17年後期に降級してからは好不調の波が激しいが、“8月は練習不足で調子を落としたけど、今は一時期より確実に上向き”と、10月宇都宮は連勝で今期初優参を果たし、直近の弥彦では322着と存在感を示した。弥彦で良かったのは準決で、打鐘手前から主導権を奪うと、そのまま腹をくくって駆けてマーク宗景祐とワンツー決着。6月松戸以来となる逃げの決まり手が付いた。前々中団以内をキープからのタテ脚勝負が基本だが、脚が上がっている今なら一発十分。伏兵で注目したい。

  • 指数

    71
  • パワー
    ランク

    4
  • モチヅキイッセイ 望月 一成

  • 調子

    登録地 静岡

    卒期 111期

  • 年齢 23

    戦法 逃捲

    BS数 14

  • 直近4カ月得点 93.29

    1着数 5

  • 逃げ 5

    捲り 4

    追込 0

    マーク 0

  • 勝率 23.8%

    連率 42.8%

    三連率 47.6%

能力値チャートA級

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル ポテ77実績4デン1差し27ダッ86機動79

 S級上位で活躍する岡村潤らが練習相手と恵まれた環境の中で着実に成長。“一走一走、課題を見付けて次に生かすように日々トレーニングしてきた成果が出てきた”と前期は4回の優勝で初のS級点をゲット。今期も7月青森モーニング、9月宇都宮ミッドナイトで逃げ切り優勝を果たしている。スプリンター脚質で、ダッシュのキレは強烈。本来はまくりが得意なタイプだが、“(先行押し切りと言う)自分のレースをすることを意識して走っている”と、積極的な競走に徹する姿にブレはない。逃げてコンスタントに11秒台のタイムを叩き出す豪脚はすでにS級レベル。直近の10月川崎は未勝利に終わって悔しい思いをしたが、“走りやすい印象しかない”と話す小倉でトップスピードに上げるポイントなどペース配分を修正して臨めば結果は付いてくる。

  • 指数

    66
  • パワー
    ランク

    13
  • モリカワコウスケ 森川 康輔

  • 調子

    登録地 岐阜

    卒期 111期

  • 年齢 22

    戦法 捲逃

    BS数 2

  • 直近4カ月得点 93.00

    1着数 0

  • 逃げ 0

    捲り 1

    追込 0

    マーク 0

  • 勝率 --%

    連率 25%

    三連率 25%

能力値チャートA級

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル ポテ86実績3デン16差し24ダッ88機動59

 昨年後期にチャレンジから昇格して優勝は昨年末の防府のみ。今年はまだ優勝がないが、ダッシュ力、トップスピードは超一級品で、まくり、カマシはしばしば後続をぶっ千切るような威力を誇る。8月名古屋の落車で右鎖骨を骨折し、前走の10月大垣ミッドナイトは約80日ぶりの実戦だったが、“基礎から練習をやり直した。ダッシュも問題なかったし、踏み上げていけた。状態は良かった”と優参を果たして底力を示した。さすがにまだ好調時の迫力は戻り切っていないものの、初日特選で藤原俊を一気にまくり切った脚はやはり並みではなかった。一走して流れの中での反応や動きは更に良化が見込める。同期の望月一の独走ムードに待ったをかける。

出場予定選手

ページトップへ