news-detail-bnr

2019年11月30日 12時19分

いきなり飛び出た高配当 ~別府競輪場~

photo-6048
濱口健二
不振を脱する1着に力強くガッツポーズ
3連単51万車券の立役者に!

 11月30日に初日を迎えた別府競輪開設69周年記念「オランダ王国友好杯」、3Rでいきなり高額配当が飛び出した。立役者となったのは濱口健二。逃げる津村洸次郎ラインの3番手から直線鋭く突き抜け、2車単で132,760円(63番人気)、3連単では512,670円(351番人気)と50万円を超える高配当を叩き出した。
 「買うてくれる人がおって良かった。語呂合わせしかないでしょうけどね。去年1年間S級で1勝もできてない。(補充参戦の10月)久留米から調子崩してガックリなってるところやったんでね。お客さん帰らせたなあ。この1着は良い薬」
 9月広島以来、約3カ月ぶりの勝ち星に今年52歳、シリーズ最年長の大ベテランは終始上機嫌で余韻に浸る。

ページトップへ