新山響平選手 プロフィール

新山響平選手の基本情報

ycm
  • 指数

    88
  • パワー
    ランク

    8
  • シンザンキョウヘイ 新山 響平

    調子

    登録地 青森

    卒期 107期

  • 登録番号 015034

    生年月日 1993年11月2日

    年齢 25歳

    戦法 逃捲

  • 今期級班 S級1班

    前期級班 S級1班

    前々期級班 S級1班

    次期級班 S級1班

  • 直近4カ月競走得点 111.50

    今期競走得点 111.50

    前期競走得点 111.14

  • 練習地 八戸,修善寺

能力値チャートS級

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル
ポテン87実績7デンジャ1差し脚34ダッシュ88機動力75

戦法タイプ

先行タイプダッシュタイプ追込タイプ204060801000
先行タイプ63ダッシュT67追込タイプ3

新山 響平選手 スポット・インタビュー

出世街道を突き進む

2019年1月18日 更新
新山 響平

新山 響平

 107回生の卒記チャンプ。周囲の期待を背負って7月にデビューを果たした新山。デビュー戦の大宮は121着。準決勝は不覚を取ったが、その後は連戦連勝。チャレンジ戦を4場所で難なくクリアした。
 「デビュー戦はかなり緊張しました。準決勝は焦って駆けてしまい、最後に差されてしまった。あんまり思い出したくないですけどね。なるべく早く特班したかったので、チャレンジはとにかくカマシ、まくりで勝ちを意識して走りました。大宮は失敗したけど、4場所で上がれたのは良かったです」
 昇班初戦の9月弥彦は141着で2勝をマーク。続く同月の函館は213着。そして、10月松戸は121着のオール連対で1・2班戦初優勝を飾った。
 「1・2班戦はやっぱりチャレンジと全然違いますね。ヨコの動きも激しいし、警戒されるから難しい。少しずつ慣れてきたけど、まだ組み立てが下手。思った以上にレースになっていない。松戸も行けるところで、しっかり仕掛けられなかった。もっとレースを見て、覚えないとダメですね」
 師匠は坂本勉氏。練習グループは貴史、昌宏ら坂本一門に、兄の将史、磯島康祐など環境は抜群だ。S級上位で活躍する高橋陽介が「練習では自分が千切れてしまうし、本当に強い」と評すほどの高いポテンシャルを秘めている。
 「練習は師匠に見てもらって、いろいろとアドバイスを頂いています。みんな強い人ばかりだし、いい刺激をもらって、充実した練習ができています」
 いくら素質があっても、本人の精神的な強さと克己心がなければ、プロの世界で成功するのは難しい。今の姿勢をいつまでも続けることが大事だ。
 「まだ特進を狙えるレベルではないので、今はとにかくどんな展開でもしっかり先行して、力をつけようと思ってます。同期も特班している人が多いし、負けないように頑張ります」

ページトップへ