news-detail-bnr

2020年10月15日 17時19分

117期の新鋭が集う ~青森競輪場~

photo-19781
櫻井祐太郎
北日本の新鋭
photo-19782
秋本耀太郎
栃木の師弟が初の同時開催(左・塚本和宏)
 

 青森F2ナイターが10月16日から3日間行われる。寬仁親王牌と同じ日程で行われるため、昼間はトップクラスの激戦に酔いしれ、夜は新鋭レーサーが集う青森ナイターでお楽しみいただきたい。

 A級1、2班戦のV候補は11Rに登場する櫻井祐太郎(117期・宮城)。「本格デビューしてからチャレンジは力だけで9連勝をできたが、1、2班戦では脚だけでは勝てない。前回の準決勝は無理やりいって脚を使ってしまった。落ち着いて走れれば良かったなと。かなり勉強になったので、レースの流れは見たいですね。間隔も空いたので体調はしっかりと整えてきた」と今回はさらに成長する姿を披露してくれそうだ。

 チャレンジ戦からはホッと温まるエピソードを披露してくれた秋本耀太郎(117期・栃木)をピックアップ。「師匠の塚本さんと同じ開催になるのは初めて。一緒に来ることができて幸せです。高校3年の夏から、練習など、本当にすべてを見て貰っているので、もう一人のお父さんみたいな存在です」と師匠に対する熱い思いを語った。塚本和宏(90期・栃木)とはチャレンジ戦とA級1、2班戦で戦うステージこそ違うが、同じ開催にいるのは心強く、大化けがあるかもしれない。

小山裕哉 記者

開催情報

ページトップへ