news-detail-bnr

2021年7月15日 18時12分

サマーナイトフェスティバルが明日開幕 ~函館競輪場~

photo-29698
別線となった南関勢はなごやかに談笑
男子の初日特選は南関勢が別線勝負

 7月16日(金)より『第17回サマーナイトフェスティバル』、『ガールズケイリンフェスティバル2021』が開幕。初日は男子が1R~9Rに行われ、ガールズケイリンが後半3つの10R~12Rに行われる。
 
 男子の初日特選9Rでは南関勢が別線勝負を選択した。郡司浩平は「いつも前を回っている、深谷さんと(松井)宏佑がお互いに力を出し切れるように別ってことに。それなら僕は宏佑にということになった。(別線で戦うことは)嬉しい悩みですよね」と南関の戦力が充実しているからこその別線勝負であることを話してくれた。郡司は「2車ですし、気楽に走って欲しい」と話していたが、前を回る松井は気合い十分。「北海道は生まれ故郷で地元って感じがする。函館はずっと走りたかったんですけど、今回が初めてなんです。最近は目立っていないので、頑張りたい」

 神奈川勢と別線になった深谷知広は「岸和田のあとは沖縄でナショナルチームの合宿をしていた。体力と筋力は問題ないので、日本の競輪に切り替えを意識したい。(鉄のフレームは)さわるチャンスがないので変えようもないので。(東京五輪に出場する)2人(脇本雄太、新田祐大)の刺激になる存在になれれば。また、2人から刺激をもらいながらですね」とナショナルチームで五輪に出場する2人とトレーニングをしてきたスピードを発揮する。

 なお、今シリーズは入場者の上限を(競輪場内滞留制限)1,000人として有観客開催で行われる。真夏の夜に行われる3日間の短期決戦を見逃すな。

※競輪場内滞留制限の文章を追加しました。

小山裕哉 記者

開催情報

ページトップへ