news-detail-bnr

2020年1月27日 18時40分

ガールズコレクショントライアルレース決勝戦 ~静岡競輪場~

photo-9154
梅川風子
立川ガールズグランプリの前検日にポーズを決める梅川選手
梅川風子が豪快なまくりで快勝!!

 1月25日から静岡競輪場で行われていたのガールズコレクションのトライアルレース決勝で梅川風子(112期・東京)が後方から強敵をまとめて飲み込み『ガールズケイリンコレクション2020静岡ステージ』の切符を掴んだ。
 
 レースは後方7番手に構えた佐藤水菜が赤板から上昇して一旦、5番手に収まり打鐘を迎える。正攻法に構えた小林莉子が泳がされる形となりスローペースになると、再び車を外に持ち出した佐藤水菜がカマシを敢行。気配を察知した長澤彩が合わせて踏み込みながらまくり上げたが、冷静に戦況を見極めた梅川風子が1センターから一気に踏み込み前団を飲み込んだ。初日に仕掛けが遅くなってしまい、石井貴子に合わされて失敗した反省を生かす仕掛けで見事に結果を出した。
 
 2着には石井貴子が小林莉子の後ろから長澤彩の後ろへと切り替え、最終4コーナーで大久保花梨と長澤彩の間を割って入線。梅川と共にガールズコレクション静岡ステージの権利を獲得した。
 
 なお、3着で選考順位が8位の大久保花梨は、1月21日に岐阜で決勝戦行われたトライアルレースで決勝3着となった細田愛未より選考順位(細田は18位)で上回り、1月30日より久留米競輪場で行われる最後のトライアルレースの結果次第で、出場権利獲得の可能性を残した。


細川和輝 記者

ページトップへ