遠藤勝弥選手 プロフィール

遠藤勝弥選手の基本情報

ycm
  • 指数

    66
  • パワー
    ランク

    11
  • エンドウカツヤ 遠藤 勝弥

    登録地 静岡

    年齢 33歳

  • 期別 109期

    登録番号 015095

    戦法 逃捲

    調子

  • 今期級班 A級1班

    前期級班 A級1班

    次期級班 A級1班

  • 直近4カ月得点 92.13

    今期得点 91.00

    前期得点 86.39

  • 練習地 静岡

    生年月日 1989年10月24日

能力値チャートA級

204060801000機動力ダッシュ差し脚デンジャー実績ポテンシャル
ポテン58実績10デンジャ0差し脚16ダッシュ70機動力60

戦法タイプ

先行タイプダッシュタイプ追込タイプ204060801000
先行タイプ59ダッシュT61追込タイプ3

遠藤 勝弥選手 スポット・インタビュー

S級に再チャレンジ

遠藤 勝弥

遠藤 勝弥

 「2024年のG1戦線を静岡の若手で盛り上げる」という深谷知広の合言葉を一つに奮い立つ静岡勢。16年にデビューを果たし、消防士から競輪選手という異色の転身を遂げた遠藤勝弥もその一人だ。
 自転車競技の経験がなく3度目の受験で合格とエリートとは言えないが、辛抱強く努力を続けて今はA級上位で活躍する自力選手に成長した。
 「学校を卒業した時は弱いからすぐクビになると周りから言われていたけど、いろいろな方の支えがあってチャレンジの決勝の常連にはなれた。A級1、2班戦に昇班してからもS級へ上がれるかどうかのところまで行けた。でも、いざS級点が見えてくると変に意識して成績が出なかったし、落車も続いて成績が下がっていった」
 一度はつかみかけたS級への切符を逃して低迷の時期を過ごしていたが、そんな時に遠藤の代名詞ともいえるサウナとの出会いがその後の競輪人生を変えた。
 「同期の大利航平からもらった“人生を変えるサウナ術”という本を読んでサウナの本当のやり方を知った。いろいろ考えすぎてしまっていることをやめられたし、目の前の細かいことにとらわれなくなって周りの目を気にしなくなった。そのおかげでS級昇級という目標に突き進むことができた」
 そして昨年の1月に念願のS級への昇級を果たすもS級の世界は厳しく、苦戦を強いられた遠藤は戦法に葛藤を抱える。
 「S級に上がってからも最初は先行で戦っていたけど、力の違いを思い知らされた。S級にしがみつくためにも飛び付き含みの先行策をとるようになって、流れ込みはできるようになってきた。でも、やっぱりそれじゃ人任せになってしまうし、自分でレースを作るためにも脚力をつけないとダメだと思った」
 半年間のS級だったが、降級となった今でも闘志は消えておらず、今後の目標と課題も明確だ。
 「自分の強みで勝負するということを心がけている。弱点の持久力という部分の底上げも必要だけど、苦手なことよりも得意なことを伸ばしてそれで勝負しようと思っている。そのためにトップスピードを上げる練習をしている。もちろんG1は目指しているけど、現実的な目標はS級に上がって優勝すること」
 「(11年の)KEIRINグランプリの深谷の走りを見て競輪選手になることを決断した。夢は深谷の前を回ること」と憧れでもある“輪界の怪物”との連係を目指して、今はまずS級への返り咲きを狙う。

2022年11月9日 更新

ページトップへ