news-detail-bnr

2021年5月1日 16時55分

伊藤旭が特別昇級を達成 ~立川競輪場~

photo-26819
2度目の特進チャンスをつかんだ
弱冠二十歳でのS級挑戦

 5月1日(土)に立川競輪F2シリーズの決勝戦が行われ、伊藤旭(熊本・117期)が3場所連続完全Vによる特別昇級を達成した。

 決勝は打鐘から原田亮太にフタをされて内に包まれたままレースが進む。「原田さんは切って駆けるかと思ったけど…。ヨコの練習もしていたので、自信を持って、自分でコースを作っていけた」。最終1センターで原田をどかしてまくり出ると、逃げる増田仁を勢いよく飲み込み最後は後続を3車身も突き放して完全Vを決めた。

 レース後の優勝者インタビューでは特別昇級を決めたことを聞かれ「前回特進をかけたときは準決勝で終わってしまったので、今回はしっかり勝とうと思ってました」と語ると、「S級でも先輩方からしっかりと任せていただけるような選手になりたいと思います。これからもラインでしっかり着を決められるように頑張ります」とS級への決意を表明した。

 一週間後の5月8日には21歳の誕生日を迎える。20歳でのS級特進に「間に合ってよかったです」とあどけない笑顔をみせた。

 これで117期からは3月に特進した青柳靖起(佐賀)に続き10人目のS級レーサー誕生となった。

角田祐馬 記者

開催情報

ページトップへ