news-detail-bnr

2021年7月2日 16時35分

八谷誠賢が400勝達成 ~小倉競輪場~

photo-29322
八谷誠賢
400勝ポーズで写真撮影に応える
節目は力強い逃げ切りで達成

 7月1日から開催されている小倉競輪F1シリーズの2日目、A級準決勝の3レースで八谷誠賢(福岡・77期)が通算400勝を達成した。

 レースは初手で中団を取った八谷が打鐘で先行態勢に入る。最終ホームで宮崎康司と佐藤礼文が巻き返しに出るが、八谷も一気にペースアップ。佐藤と最終2センターまでもがき合いになるが、踏み勝った八谷がそのまま力強く押し切った。

 レース終了後、八谷は「(佐藤礼文に)出られたと思ったんですけどね。勝てて良かったです。セッティングも今日の朝に色々換えてみて、いつ以来か分からないくらい踏めましたね。いつもは最後に一杯になるんですけど、今日は余裕もあった。(400勝は)ファンに喜んでもらえるのが一番ですね。これからも日々ちょっとずつ色々なことを試しながら頑張っていきます」と喜びの声と共に、今後の抱負も語ってくれた。

及位然斗 記者

開催情報

ページトップへ