news-detail-bnr

2020年3月24日 15時35分

日本競輪選手養成所で卒業式及び表彰 ~第117回生(男子)、第118回生(女子)~

photo-11948
今年度は無観客での挙行

 日本競輪選手養成所第117回(男子)及び第118回(女子)選手候補生の卒業式及び表彰が、3月23日に日本競輪選手養成所において実施された卒業記念レースに続き、3月24日午前11時から同養成所で挙行された。今年度の卒業式については、感染症拡大予防の観点から卒業生の家族の参加もなく無観客で実施。瀧澤正光所長による式辞に先立ち、瀧澤所長の手から卒業生代表に卒業証書が手渡され、その後、前回生から新設された報奨金賞を始め、在校中に優秀な成績を修めた選手候補生に対し、別表のとおり各賞が授与された。また、卒業生を代表して第117回生から中村翔平(福岡)、第118回生から保立沙織(神奈川)の両選手候補生自治会長が答辞を述べて式は終了した。なお、卒業した第117回(男子)選手候補生、第118回(女子)選手候補生は、共に3月25日に選手登録された後、5月より実施されるルーキーシリーズにて選手としてデビューする予定となっている。

権田浩一 記者

ページトップへ