news-detail-bnr

2020年9月15日 18時20分

A級で白星を量産中 ~大宮競輪場~

photo-18681
金子幸央
連勝街道を突き進む
「勝ち方を思い出した」

 大宮競輪F1が15日に開幕した。もちろんS級戦も好カードが揃っているが、A級戦からも目が離せない。特に今節A級の主役を張る金子幸央(栃木・101期)は絶好調だ。
 降級後5場所で3Vは、金子の実力を考えると当然。むしろ、もっとやれると言っても良いのかもしれない。「やっと本来の力を出せる様になったって感じです。A級に落ちた時も、失格と落車でボロボロだった。レース前も勝つイメージが湧かなかった。負け癖が付いていたんでしょうね。今までは勝ち癖とか負け癖なんてないと思っていた。でも、今の流れを考えるとやっぱりあるんだなって。今は行くべき所で行けば何とかなるって思っている。勝ち方を思い出しました」。
 特昇のかかった前回は初日で敗れて一度は勢いが断たれた。それでもその開催を優勝と、しっかりと立て直しに成功。今回の初日も後方で1度はまくりが止まったかに見えたが、そこから粘り強く踏んで1着。「踏んだ感じが重かったし、疲れが出た。危なかった」と振り返ったが、最悪の展開から1着に届いたレースを見ると「流れ」も完全にモノにしているとしか思えない。
 「初日の反省点は(最終)1コーナーで仕掛けるべきだったところ。詰まってしまったので、失敗しました。2日目は疲れが抜けると思うし、準決勝もしっかり勝てるように頑張りたい」。また始まった金子の快進撃は止まらない。 

なお、2日目1レースの発送時刻は11時25分。エンジョイサイトでの投票締め切り時刻は発走の5分前を予定しております。

熊谷洋祐 記者

開催情報

ページトップへ