news-detail-bnr

2021年7月12日 13時44分

熾烈な優勝争いを制する ~青森競輪場~

photo-29607
岩崎ゆみこ
自信と笑顔を取り戻した岩崎選手がV獲りへ集中
photo-29608
佐藤啓斗
同期対決を制して地元Vを目指す佐藤選手
迷わず仕掛けてライバルを封じる

 7月13日(火)に決勝戦を迎える青森モーニングF2シリーズ。ガールズ決勝は岩崎ゆみこ(茨城・116期)が自身2度目のV獲りへ挑戦する。
 「2日目はとにかく思いっきりカマすことだけ考えていました。後ろの選手の車輪をしっかりと見ながら最後まで踏めました。初日はダメでしたけど良かったです。決勝は加瀬さんよりも先に仕掛けたいですね。6月名古屋(初日)の時は先に仕掛けて(加瀬を)封じることができた。今回は優勝、優勝したいです。でもまくりに構えて出し切れずに負ける方がめちゃくちゃ悔しいので。先行できなかった時のレース運びも勉強していきたいですけど、自分らしいレースで優勝を狙いたい」

 チャレンジ戦は地元の佐藤啓斗(青森・119期)が高らかにV宣言。同期のライバルたちを封じて前回富山に続き連続優勝を狙う。
 「自力自在に優勝を狙います。養成所の時はヨコは禁止でしたけど、流れの中で人の後ろに入って追い込むようなレースは得意でした。同期同士で仕掛け合って後ろが離れてしまう展開もあると思うので、色々な展開を想定して。公正安全に誰もが納得するような1着を目指して頑張ります」
  
 チャレンジ戦、ガールズ戦ともに2度目の優勝を目指す両名が強い気持ちで攻め抜く。6レースのチャレンジ決勝は10時35分、7レースのガールズ決勝は11時00分発走となっています。enjoy×プロスポーツサイトの投票締め切り時間は発走5分前までとなっております。朝8時30分から最終11時00分まで青森競輪をお楽しみください。

細川和輝 記者

開催情報

ページトップへ