news-detail-bnr

2020年1月16日 18時35分

日本競輪選手養成所“合格者発表”に喜びの声 ~大宮競輪場~

photo-8667
第119回選手候補生入所試験合格者名簿
photo-8668
第120回選手候補生入所試験合格者名簿
photo-8669
中川誠一郎
弟子のデビューを心待ちにする
合格者名簿を目にし安堵の表情

 2020年1月16日(木)に日本競輪選手養成所第119回(男子)及び第120回(女子)選手候補生一般入所試験合格者の発表が行われた。第119回生(男子)合格者は71名、第120回生(女子)合格者は22名で合格者については添付の画像を確認ください。
 この結果は16日から行われている東日本発祥71周年大宮競輪「倉茂記念杯」に出走している選手にも知らされて、関係ある選手からは喜びの声が聞けた。

 S班の中川誠一郎(熊本・85期)は「熊本の吉田悟君は自分の弟子です。(合格は)多分大丈夫だと思っていましたけど、ホッとしました。野球をやっていた子で、これから頑張って無事にデビューしてくれるのを楽しみにしています」

 林大悟(福岡・109期)は「三男の昴が受かりました。頭は良いので2次試験は受かると思っていましたけど、良かったです。(次男の)慶次郎(福岡・111期)がこの前の和歌山記念で良い走りをしていたし、昴も強いから早く自分を抜いてくれって気持ち(笑)。でも、初めのうちはしっかり言えるようにまだまだ自分も上を目指していきたい」

角田祐馬 記者

ページトップへ