news-detail-bnr

2021年7月16日 16時30分

期待の新人が参戦 ~大宮競輪場~

photo-29680
新村穣
ナショナルチームに所属する逸材
photo-29681
木村皆斗
学生時代には中長距離で大活躍
木村皆斗は2度のゴールデンキャップを獲得

 7月17日(土)から大宮競輪場でF2シリーズが開催される。前半5レースで行われるチャレンジ戦には今期7月にデビューした119期の新人が4名参戦。将来を嘱望されるスター候補生が今開催を盛り上げる。

 4レースに登場する新村穣(神奈川・119期)はナショナルチームの中長距離で強化指定選手Bの逸材。前回の川崎でチャレンジ戦デビューを完全Vで飾り前評判通りの走りを披露した。「在所時代から滝澤(正光)さんに出し切るレースをしろと言われてきて、それがデビューしてから生きていると思う。焦らず慣れていきたいし、徐々に強くなっていきたいですね。将来は師匠(小原太樹)の前で走れるように上のクラスで頑張りたい」

 5レースのメインに登場する木村皆斗(茨城・119期)は在所時代に2度ゴールデンキャップを獲得。学生時代にはインターハイ、国体で優勝するなど関東の新たな大砲として注目を集める。「今年の目標は1年でS級に上がることですね。今は師匠(横山尚則)がケガで休んでいるので、練習は同期の吉田有希とよくしています。見習うことも多いし切磋琢磨して頑張りたいですね。今回は優勝できるように頑張ります」

 粒ぞろいともいわれる119期の中でも注目の二人が長走路バンクで躍動する。

及位然斗 記者

開催情報

ページトップへ