news-detail-bnr

2021年6月13日 15時26分

激戦必至のガールズ ~青森競輪場ミッドナイト~

photo-28680
太田りゆ
ナショナル仕込みのスピード発揮
photo-28681
石井寛子
ガールズ屈指のレース巧者
スピードVSテクニック

 6月14日(月)から青森競輪場でF2ミッドナイトが開幕。
 ガールズケイリンでは太田りゆ(埼玉・112期)と石井寛子(東京・104期)に加えて、尾崎睦(神奈川・108期)、梶田舞(栃木・104期)といったトップレベルの実力者が出揃い激戦ムードが漂う。

 特に初日の1Rに登場する太田はナショナルチームでトレーニングを積んでおり、そのスピードは日本トップクラス。「香港のネイションズカップからは4週間前に帰国して、2週間隔離してから1週間は家で練習。その後の1週間は外でも練習できた」と状態には問題なさそうで、久々となる日本の競輪でも力を存分に発揮してくれそうだ。
 
 2Rの石井はガールズ屈指の技巧派で、レースセンスや組み立て、判断力はピカ一。「青森は優勝を3、4回しているし、走りやすい。状態面は問題ないです。(中8日は)予定をずらしらしたりして慌ただしかったのもあるけど、リフレッシュもできたので」と当所との相性は抜群で疲れもない模様。5月川崎ではガールズケイリンの連勝記録更新とはならなかったが、前回松戸でも完全Vを決めており、再び連勝街道を歩み始めるか。

本吉慶司 記者

開催情報

ページトップへ