news-detail-bnr

2021年2月21日 00時43分

兼本将太が1、2班戦初優勝 ~小倉競輪場~

photo-24347
兼本将太
好相性の小倉で1、2班戦初優勝
photo-24348
中村隆生
今月26日からの立川で特別昇班を狙う
チャレンジ優勝の中村隆生は特別昇班へリーチ

 小倉競輪場で開催されたミッドナイト競輪「Win Ticket杯」は20日に最終日を迎え、1、2班戦、チャレンジともに決勝戦が行われ、1、2班戦は兼本将太(熊本・117期)が特別昇班から3戦目で1、2班戦初優勝。チャレンジは中村隆生(栃木・117期)が完全優勝を飾った。

 1、2班戦は兼本将太が初優勝。逃げる篠原龍馬(高知・89期)の6番手に置かれてしまったが、1センターからのまくりで粘る篠原をゴール前でとらえた。
 「苦しかったですね。展開は最悪でバック踏んでるところを行かれて、ペースに入れられてまくるのに手こずった。でも長所の地脚が出せて良かった。太田(将成・宮城・113期)さんも出てきて辛かったけど、根性で行きました。(デビュー初優勝も小倉で)小倉は相性がいいのかもしれないですね。もっと積極的に先行して勝てないとS級では通用しない。次は先行で優勝できるようにしたい」

 チャレンジは中村隆生が完全優勝。2月奈良に今シリーズと2場所連続の完全優勝で、特別昇班にリーチをかけた。
 「作戦とは違ってちょっとイレギュラーだった。(中団で引かずに)勝負しようと思ったんですけどね。引くのが遅れたけど、とりあえず勝てて良かった」
 番手を回った佐藤健太(福岡・101期)に「最近、俺が付いた選手はみんな優勝してる。久留米で連係した兼本も特別昇班したし」と言われると、中村は「次も頑張れそうです」と笑顔。特別昇班がかかる26日からの立川に向けて「しっかりチャンスをものにできるように」と意気込んだ。

音無剛 記者

開催情報

ページトップへ