news-detail-bnr

2021年6月16日 16時03分

ミッドナイト競輪が17日から開幕 ~小倉競輪場~

photo-28783
中近両者で健闘を誓う(左・小谷実、右・谷口明正)
photo-28784
高木真備
5月の弥彦から4連続完全V中
ガールズケイリンの主役は高木真備

 小倉競輪場で6月17日(木)からミッドナイト競輪が開催される。今シリーズは前半の2レースがガールズケイリン、後半の7レースがA級1、2班の9レース制。A級の初日特選は三つ巴の様相となったが、結束した中近2車が混戦断ちを狙う。

 前回りとなった谷口明正(三重・103期)は「(小谷実に)付いてもらえるのはありがたいですね。最近は下井竜(三重・117期)と一緒に練習をしていい刺激をもらっている。前回は珍しく3日間番手戦だったが感じは悪くなかった。いつも通り出し切る競走をしていきます」と真骨頂の自力戦で健闘を誓ってくれた。

 番手を志願した小谷実(京都・93期)は「谷口さんは付いてみたかった選手。一緒のレースで対戦しても思い切って仕掛けているし強い印象。自分は最近は近畿の若手がいれば後ろを回っているし番手戦も問題ないです。体の状態も良くなってきたし、前回の豊橋でいい感覚を掴めた」と初連係の谷口に信頼を置き、自身も好調ムード。
  
 ガールズケイリンの主役は4連連続完全優勝中の高木真備(東京・106期)。当所では約4年振りの優勝を狙う。「前回の大垣から中5日で普通に練習してきました。ミッドナイト続きなので体調は問題ないと思います。今は踏み直しもしっかりできるようになって徐々に力は付いてきたと思う。小倉は何度も走っていますけど、優勝は1回だけなので今回は優勝したいですね」とV獲りへ意欲充分。

 1レースは20時50分、最終9レースは23時30分発走予定。エンジョイ投票サイトでの締切は発走5分前となるのでご注意ください。

及位然斗 記者

開催情報

ページトップへ