news-detail-bnr

2020年9月13日 16時34分

郡司浩平が完全V ~岐阜記念~

photo-18647
郡司浩平
今年3度目の記念優勝を達成
photo-18648
郡司は2着の松浦に4車身離して完勝
松浦悠とのS班対決を制す

 岐阜競輪場を舞台に行われている開設71周年記念『長良川鵜飼カップ』は13日に最終日が行われた。注目の決勝戦は、連日抜群の仕上がりを見せていた当社スポンサードのS級S班・郡司浩平(神奈川・99期)が4連勝で完全Vを決めた。

 レースは、赤板で切った鈴木竜士(東京・107期)が、押さえてきた郡司の番手に飛び付く。番手のもつれを察知した郡司がペースを緩めると、松浦悠士(広島・98期)が一気にカマして主導権。郡司は合わせてペースを上げて3番手を確保すると、最終2コーナーからまくる。スピードの違いで松浦を抜き去った郡司が、最後は後続を突き放して圧勝した。

 郡司浩平は「(鈴木は)僕のところに来るのか、和田(健)さんのところなのか分からなかったですね。その後は、松浦が来たら踏んで、そこから仕掛けようと思っていました。ワンテンポ、ツーテンポ待って、思っているより松浦が来なかったので、踏み上げたかったですけど、初日と同じ展開じゃなくて、違う展開でどのくらい勝負できるかっていうのをしたかった。(3番手に)飛び付いてからは思っている以上に冷静でした。あんなに良いまくりが出たのは自信になります」とレースを振り返った。「(新車の)フレーム自体の感触は良かったですね。微調整は必要ですけど、自転車の出は本当に良かったです。今回はフレームを試して良かったなっていうのもありますし、ビッグレース前にいろいろできたので自信につながります」と次走は南関地区で行われる共同通信社杯となるだけに、大活躍が期待できそうだ。

 先行して2着の松浦悠士は悔しさをにじませる。「初手は前受けで郡司君を待たせて、待たせて、思いっきりカマそうと思っていました。作戦通りにいったけど、あっさり行かれた。良い感じで回せていたのに、アレを行かれるかって感じです。こういうステージで逃げて2着はデカいけど、力勝負で負けている。そういう所で勝っていかないと。もう少し勝負したかった。2着だけど、力の差を感じた。こういうのが続くから現状に満足せずに、頑張れる。常にこの気持ちを持ち続けたい。この悔しい思いを次につなげたい。共同は9車なので、もっと勝負ができる」と巻き返しを誓った。

 和田健太郎は鈴木竜士にからまれて郡司に離れてしまったが、その後のリカバリーで3着に食い込んだ。「今回の郡司のデキを見ていたら、すんなりとはならないだろうと思っていたので、(番手勝負の)準備はできていました。(鈴木に)一回飛ばされてしまったけど、なんとか凌げましたね。あれで誰かが郡司の番手にはまって、郡司が優勝できてなかったら申し訳なかったですけど・・・。(今回は落車後の開催で)万全とは言い難い状態でしたけど、その中でどう乗り越えるかっていうのが課題でした。郡司と3日間一緒に走らせてもらって、郡司がいてくれたから決勝に乗れましたし、感触も確かめられたと思います」

【結果】
1着 7番 郡司浩平(神奈川・99期)
2着 4番 松浦悠士(広島・98期)
3着 2番 和田健太郎(千葉・87期)
【払戻金】
2車単 7-4 660円
3連単 7-4-2 1,930円

小山裕哉 記者

開催情報

ページトップへ